• ホーム
  • 膣外射精よりも避妊薬のほうが効果があり生理痛も軽減

膣外射精よりも避妊薬のほうが効果があり生理痛も軽減

考えている女性

性交渉を合意した場合であっても、未婚や既婚の女性ですぐに妊娠することを希望していないときには、避妊を選択したいという人はいるでしょう。
セックスをしたときでも避妊できる効果の高いものや、低いものなど様々な避妊法がありますので、しっかりと知識を身に付けておくことは大切です。
一般的に避妊の効果が高いものと考えられるものとして、経口避妊薬であるピルを服用する方法があります。
その他にはコンドームを装着してから性交渉を行うということもありますが、この場合は中程度の避妊率であることを認識しておいたほうが良いでしょう。
妊娠を回避する効果が全くないものとして膣外射精であったり、数回の性交渉の中で膣外に射精した後に、膣内射精を行うものなどが挙げられます。
膣外に射精したからといって、避妊の効果があるというわけではありませんので、十分な注意が必要です。
ピルはホルモン剤で、日本でも認可されている医薬品ですので、医療機関で処方を受けることも可能です。
ピルを内服することによって、脳の下垂体から放出されるホルモン量を減少させることができますので、その効果によって卵巣への命令機能が働かなくなって、妊娠を回避できる仕組みとなります。
ピルは1錠だけを服用したところで、効果を発揮できるという医薬品ではなく、最低でも7日間にわたって連続的に内服しなければ、排卵の抑制効果を得ることはできません。
ピルを内服した場合であっても、生理による出血は起きますが、内服しなかったときと比較すると生理痛が軽くなるという人が多いと言われています。
ピルは1つの種類の医薬品というわけではなく、製造会社によっていくつかのタイプのものが販売されています。
1シートに含まれている錠剤数が28個のものと、21個のものがありますので、多くの場合ではこのどちらかのタイプのものを選択することになります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧